読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outside

Something is better than nothing.

迷宮のクオーターライフ・クライシス

Labyrinth

 思い返せば2016年は呪われていたとしか思えない。2015年の12月くらいから精神的に苦しくなってきたというところはあるのだが、それが改善されないまま2016年に突入してしまった。当時の私は仕事上の環境が大きく変わったことで、もはやどうしようもならない袋小路に入り込んでしまったような気がした。

 かくして2016年の後半から休職することに決めた。

 2016年度のこの時期は、まったく希望していない出向という憂き目から始まった。とはいえ、最初から悲観的だったわけではない。それなりに頑張っていたし、それなりにコミュニケーションも取り、それなりにマウンティングにも「えへへ」と媚びへつらい、それなりに仕事がうまくできなくて悔しかった。いろいろと仕事の方法を変えようと努力した。嫌いだった自己啓発系の本も読んでみた。あるいは先輩や上司、同僚にアドバイスも求めた。けれども、どうにもこうにもならない迷宮の中にいるようだった。

 壁というものは見えるようで見えない。

 新入社員で某所に配属され、そのまま初めての異動を経験したときに出向となったのだが、企業文化が異なると、こうも価値観が違うのかと驚いたのを覚えている。それがプラスに転じるものならまだしも、マイナス方面に異なっているのだから、仕事をすればするほど悲観的になっていく。パワハラやセクハラは半ば公然と存在していた。社内政治が横行し、平気で人を駒のように扱った。正直、異動当日に目の当たりにした光景についての印象を忘れることはできない――「ここは軍隊だ」と。

 私は生来、のらくらとやる気のない社員として、できるだけ定時で帰って酒を呷りたいタイプであるけれども、早く帰るために仕事を可能な限り効率化し、それを部署全体に広げていくというタイプだった。私が早く帰る以上、同僚も早く帰って然るべきだと、私は当然に思っていた。

 出向先は違った。できるだけ足を引っ張る会社だった。そして情報伝達が不合理極まりなく、常に情報が変化し続けた。伝言ゲームの成れの果て、忖度しすぎることの弊害。部署間の争いは熾烈を極め、話しかけようものならば怒声が飛び交う――一体この人たちは何のために働いているのだろう。自分の安定のために他人を不安定にするという信条を胸に、自分の居場所を守るために平気で他人を売った。見て見ぬふりこそが、その職場においては金科玉条であったのだ――もちろんそれが当然であるという職場もあるのだろう。私はそうは思いたくはないのが。

 全人格労働という言葉がある。これは仕事に対して、人間存在のすべてをコミットするという思想なのだが、ブラック度が高まれば高まるほどその傾向が強くなるという印象がある。別に仕事なんてできなくても人間としては問題ない。けれども、そうは思えなくなってくるというところにこの全人格労働の恐ろしさはある。目に見えるもの、目に見えないもの、多々あったのだけれども、さまざまな否定を経ていくうちに私は嫌気が差してきた。どうしてこいつらのために俺は働かなければならないのだ、と。

 けれども私はいかにも小市民であった。逃げるは恥、と当時は思っていた。馬鹿みたいだが、その後の「だが役に立つ」という言葉を知らなかった。その後のキャリアが完全に閉ざされてしまうということも怖かった。早く家に帰って妻の胸に飛び込みたいと願いながら、同時に仕事上でなるべく成功したいという思いがあった。けれども、働けば働くほど妻との時間は減っていく一方だった。そして互いに不満が募り、そのために喧嘩が絶えなかった。職場でも家庭でも、気の休まる場所がなかった。

 結果的には使い物にならなくなった。ほとんどの職務上の命令を遂行することができなくなった。そして上記に戻る。

 休職中は好き勝手に暮らした。とはいえ、妻は働いているので主夫として。しかしながら家事労働はいかにも楽しく、それなりにやりがいがあり、それなりに手の抜きがいがあった。本を読み、映画を観た。どちらも弱っていく過程で楽しめなくなっていったものだった。小説も書き始めた。貯金を崩して好きなものを買いまくった(主にパソコンとスマホ、というのが悲しい)。卒業した大学の図書館に歩いて通い、好きなだけ研究書や普段は買えない高い本を捲った。

 出向先の上司が同じく病に倒れた。私より酷い状態らしかった。その上司には気の毒だが、当たり前だろうと思われた。元々所属していた会社からは、上司や入社以来お世話になりっぱなしの先輩が、私の復帰のために忙しい中で時間を割いてくれた。申し訳ない気持ちで一杯だった――私は元いた会社に恨みはなかったのだ。とはいえ、復職しようにも出向先に戻る以外に道がなく、私は戦略的に――というと狡く聞こえる向きもあるのだが、果たして体面は健康に対して優位なのだろうか――来年度から復帰することを決めた。

 年が変わると、ほとんど私は健康になったように感じられた。私は退屈を覚えるようになっていった。具体的には今すぐ仕事をしたいように思われた。けれども同時に劣等感も培われていった。引け目を感じないわけがなく、いかに出向先の環境が悪かろうと、中途に終わった仕事をカバーする同僚に対して申し訳なさを感じないはずがない。とはいえ、ある一人の同僚は優しく声をかけてくれた。何度か飲みに誘ってくれ、そのたびにフェアな態度で接してくれた。この同僚は同い年ながら、非常に立派な人物である。

 私は順調に復職できた――自分でも驚くくらいに希望がほぼすべて通った上で。一説には嫌な上司に当たると、復職が握り潰される恐れがあると言われていただけに、無事に復職できたのは諸々の根回しのお陰なのかもしれない。

 復職した今になって思うと、これはクオーターライフ・クライシスという奴なのだろうと思う。実際問題として、人生のある時期に、少なくとも私にとって必要な時間がそれだった、ということである。そして今回のクライシスから導き出される教訓もあった。経験として。

  1. 逃げ場を作る(人脈、趣味、副業等)
  2. 楽しい仕事をする
  3. 無駄な努力はしない(先が見える忍耐は別として)

 最後に重要なものとして、「絶対的な正しさ」を私は思う。真っ当さと言い換えてもいい。たとえ百万人が自分に対して間違っていると言っても、神が正しいと言う以上は自分は正しいのだ、といったものである。もちろんこれは簡易にカルトに結びつきかねないものだろうが、間違えてはならないのは、あくまでそれは「よく読む」ということなのだ。

 どう読んだって、このように書いているのだから、こうとしか解釈できない、けれども多くの人々はそれを違うという、しかしこのテクストはこうとしか読めない、書いていない、だとしたら、正しいのはどちらか、そのときに一体何が自分の正しさを担保するのか。私はこの時期神によく祈った。今でも、隠れたところにおいでになる父に向けて祈っている。

 とりとめもない繰り言ではあるのだけれども、過ち続ける人間に幸あれ。

 

(この記事はフィクションであり、万一実在の人間・組織等と一致する描写があったとしても創作上の偶然にすぎません)

 

【参考記事】

 表題および記事中の「クオーターライフ・クライシス」という言葉については下記の記事を参照した。

www.lifehacker.jp 

広告を非表示にする