Outside

Something is better than nothing.

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年)

ジュラシック・ワールド/炎の王国 (小学館文庫)

ジュラシック・ワールド/炎の王国 (小学館文庫)

 

 フアン・アントニオ・バヨナの『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を観る。

 前作から3年後の2018年、パークが破綻した後も恐竜たちは住まい続けていたが、その島の火山が活性化し、恐竜の絶滅を巡って政治問題化していた。そこで、 ジェフ・ゴールドブラム演じるイアン・マルコムは発端となった「ジュラシック・パーク」事件の当事者であることからも、状況を自然に委ねるべきだと総括する。一方、ブライス・ダラス・ハワード演じるクレアは商業主義から脱し、恐竜の保護を訴える活動をしており、その中でロックウッド財団のレイフ・スポール演じるイーライ・ミルズから恐竜を保護するように依頼される。そこでラプトルの生育にも携わったクリス・プラット演じるオーウェンに(一度別れてしまったものの)依頼をし、 ダニエラ・ピネダ演じるジアやジャスティス・スミス演じるフランクリンらとともにイスラ・ヌブラル島に向かうのだった。活火山が噴火活動を繰り広げる中、保護対象の恐竜――そして自身が愛情を持って育てたラプトルのブルーに再会したオーウェンだったが、財団の派遣した傭兵テッド・レヴィン演じるケン・ウィートリーに邪魔されてしまう。そう、彼らは恐竜を保護したいのではなく、結局のところ商業的に利用したいだけだったのだ。噴火が活発になり、炎に包まれていくヌブラル島から命からがら逃げ出したオーウェン一行は、そのままロックウッド財団の屋敷に向かう。財団の設立者であるジェームズ・クロムウェル演じるベンジャミン・ロックウッドは高齢のため実務をミルズに任せていたが、実はこの動きはミルズの独断だった。イザベラ・サーモン演じるロックウッドの孫娘メイジーはミルズの策略をロックウッドに伝えるが、ミルズは逆にロックウッドを殺害してしまう。次々に恐竜に運びこまれていく屋敷に、怪しげな人々がオークションのためにやってくる。B・D・ウォン演じるヘンリー・ウー博士はインドミナス・レックスに代わる新たな「兵器」を作り出し、「インドラプトル」というラプトルをベースにした殺人兵器を作っていた。トビー・ジョーンズ演じるグンナー・エヴァーソルは屋敷の地下でオークションを開催する。オーウェンとクレアは彼らの動きを阻止するために動き出すが、その中でインドラプトルが檻から出てしまう。メイジーに状況を聞いた彼らは、ブルーの協力も得て、なんとかインドラプトルを撃退することができる。だが、火災が起きた屋敷の中で恐竜たちのその後を彼らは考えるが、実はロックウッドの娘のクローンであることが判明したメイジーが彼らを解き放ち、恐竜たちは町に逃げていく。イアン・マルコムは状況の変化に対し、皮肉めいた口調で答えるのだった。ジェラシック・ワールドへようこそ、と。

 かなりの内容が詰め込まれた映画ではあるのだが、観ると滞りなく観ることができるので、かなり脚本に力を入れているような気がする。前作が兄弟愛を一つの軸として活用していたが、今回はややその軸はばらけていた印象である。とはいうものの、この映画はかなり面白い。

 物語はイアン・マルコムによる最初と最後のパースペクティブを与えられることで、この一連の映画シリーズの総括としているのだろうと思われる。個人的には久々に観た彼の白髪に、驚いた。

 前半の島の描写と後半の屋敷の描写が対照をなしているが、前半部分の噴火活動中の島における迫力ある映像はなかなかお目にかかれないものである。と、同時にインドラプトルが狭い屋敷の廊下を走る様子は、恐竜映画というよりはもはやホラーである。

 ということで、この映画は(至って真っ当な)「ホラー映画」であるのだった。月に吠える恐竜なんかが出てくる時点で、恐竜ものとしては観られないような気がするのだった。

 全体としてテンションが高い映像が続き、インドラプトルの恐怖感はひとしおである。かなりの良作であると私は思う。

『バリー・シール』(2017年)

 ダグ・リーマンの『バリー・シール』を観る。副題は「アメリカをはめた男」。原題は『American Made』。

 1970年代にトム・クルーズ演じるバリー・シールは航空会社のパイロットとして働いており、その傍らに密輸に関わっていたのだが、それを ドーナル・グリーソン演じるCIAのシェイファーに注目され、極秘任務を請け負うようになる。それは秘密裏に中米などの軍事施設を盗撮するという役回りで、非常に鮮明な写真を撮ることができたシールは重宝されるようになる。やがてシールはマウリシオ・メヒア演じるパブロ・エスコバルなどと関わりを持つようになり、麻薬の密輸にいそしむようになる。CIAの依頼でニカラグアの親米反政府組織に武器の受け渡しを行うようになったが、彼らが政府を倒す気がないと分かった途端に武器を他の組織に横流しするようになり、またますます麻薬の密輸にいそしむようになった。そうこうしているうちに、サラ・ライト演じる妻ルーシーとともに扱いに困るほどの大金を持つようになったシールは、ルーシーの弟であるケイレブ・ランドリー・ジョーンズ演じるJBの扱いに苦慮しつつも、裕福な生活を送るようになっていった。ところが、状況の悪化に耐えかねてCIAはシールを切り離すこととし、DEAとFBI、ATF、さらには地元警察に捕まったシールは、なんとホワイトハウスの招聘により窮地を脱することになり、ニカラグアサンディニスタ民族解放戦線が麻薬の密売に関与している証拠写真を撮ることを条件に釈放される。撮影に成功したシールだったが、それまで関わっていたカルテルを裏切ることにもなった。表に出ないとされていた写真が呆気なくメディアの俎上に上ると、カルテルの復讐を恐れたシールは自分の痕跡をビデオテープに収め、彼の人生を総括するとともに、毎日のようにモーテルを変える日々を送った。だが、しかし死に神は彼の傍まで忍び寄っていたのだった。

 トム・クルーズの演技が絶好調になっている映画で、たしか同時期に公開されていたと思う『ザ・マミー』はとんでもない駄作だったのが嘘のようである。

 ダグ・リーマンは短いカットを積み重ねていくことで、この映画の圧倒的なテンポを作り出すことに成功し、その展開の面白さはスコセッシの『カジノ』や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』に及ぶ。

 ただ、この辺りはうまく素材と役者の関連があると思うのだが、トム・クルーズロバート・デ・ニーロレオナルド・ディカプリオのようにただ転落することはない(ついでに言えば浮気もしない)。

 逃亡生活におけるモーテルの描写にそれは顕著に表れているのだが、彼は車のキーを入れるときに、かつて妻の弟JBがカルテルに暗殺されたときに起こした爆発を思い起こし、奇妙に思われることを承知で人払いしている。

 副題はミスリードで、彼はアメリカをはめたというよりは、ただ利用されただけで、その利用されている中で個人の利益を最大化したのである。この生真面目な人物は政治状況――こういう言い方は好きではないが――「歴史」に翻弄され、最終的には選択の余地なく暗殺される。

 個人的には文句なく面白い作品だった。

『イベント・ホライゾン』(1997年)

 ポール・W・S・アンダーソンの『イベント・ホライゾン』を観る。

 宇宙開発が進み、人類が当然のように宇宙に進出している西暦2047年において、7年前、消息を絶ったイベント・ホライゾン号を、ローレンス・フィッシュバーン演じるミラー船長を筆頭としたルイス&クラーク号が探索する。サム・ニール演じるウィリアム・ウェア博士は、妻を自殺で亡くしてから幻覚や幻聴を見るようになっており、それに惑わされつつも、政府の指令を遂げるためにイベント・ホライゾン号を探索する任を遂行しようとする。発見したイベント・ホライゾン号の内部には生命反応が船内のあちこちにあった。クルーの生き残りは発見できないまま、不可解な状況が続き、クルーのひとりが精神をやられてしまう。どうやらイベント・ホライゾン号のコアが、空間移動の結果として意志を持つようになり、彼らを異次元世界へと招こうとしていることが分かってくる。ウェア博士はコアの意思に従うようになったが、残った面々は彼に抵抗する。必死に脱出を試みるのだった。

 クレジットに「Paul Anderson」と記載されていたこの時代が、ある意味での絶頂期なのかもしれないのだが、いや、それはそれとして非常に楽しめる作品だった。スペース・ホラーということで、途中から宇宙でやる必然性はなくなってね?と思う展開になってくるのだが、『2001年宇宙の旅』と『エイリアン』辺りをうまく融合させたような楽しみがあった。

 とはいえ、単純にそれらの類似品としてのみの楽しみがあるかと言えば、そうではなくて、美術がかなり凝っているのである。序盤の方からこの辺りのこだわりが垣間見ることができて、上述の通り話の展開は必ずしも宇宙空間である必要はないとは思ったのだが、今で言えばタブレットのようなものも出てくるし、発見したばかりのイベント・ホライゾン号の無重力空間に漂う散乱物の描写等も興味深い。

 そうしてみると、登場人物たちも合理的に動いているように見えてくるので、だんだんと目が離せなくなってくる。かくしてこの映画は、佳作に仕上がっているのだった。