Outside

Something is better than nothing.

『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』(2014年)

  小池健の『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』を観る。

LUPIN the Third -峰不二子という女-』が、小池健のキャラクターデザインによって、非常に魅力的にできあがったのとは対照的に、2015年のテレビシリーズの『ルパン三世』はどことなくキャラクターデザインが気に食わなくて(特に峰不二子が)、視聴はしなかった。本作は小池健自らが監督を務めており、キャラクターデザインはひとまず魅力的な出来映えとなっており、さらには『ルパンVS複製人間』のマモーも一瞬だけ登場している。ヤエル奥崎という暗殺者と次元大介との対決を起点に、テレビシリーズ同様にコンパクトに収めた作品となっているのだが、話の内容自体はルパンなので正直どうでもいいところはあって、東西ドイツを思わせる東西ドロアという架空の国を舞台に、情報統制が厳しい東ドロア内の監視状況などによる恩恵もあって、ヤエル奥崎は予見能力を遺憾なく発揮して、死角から飛び出した次元大介を狙撃するということになる。

 とにかく絵が楽しくて、話もコンパクトにまとまっていていい。個人的には『ルパンVS複製人間』や『カリオストロの城』などの映画版も好きだし、テレビスペシャル版も好きだけど、今現在においてのルパンの方向性はこういうものが好ましいのではないか、と思わなくもない。次作『血煙の石川五ェ門』も公開されるということなので、今後に期待したいところ。

広告を非表示にする