Outside

Something is better than nothing.

『名探偵コナン ゼロの執行人』(2018年)

 立川譲の『名探偵コナン ゼロの執行人』を観る。

 東京湾に「エッジ・オブ・オーシャン」という大型の施設ができ、そこでサミットが開かれる予定だったのだが、公安による調査を実施している最中にガスによる事故が発生し、公安警察が被害に遭い、その中に安室透の姿があった。その捜査の最中に毛利小五郎の指紋が見つかり、否応なく江戸川コナンは事件へ関与せざるを得なくなってくる。これはIoTを利用したテロということが分かり、遠隔操作による犯罪だということが判明し、毛利小五郎の証拠物としてあげられていたパソコンは遠隔利用されていたことが判明するものの、人工衛星が日本へ帰還してくる。そしてその人工衛星は例によって不正に操作されて、警視庁に衝突することとなってしまい、コナンと安室は必死にそれを避けるための行動を取る。結果として、阿笠博士の開発したドローンによる爆破で軌道修正に成功したものの、小五郎や蘭たちが避難した先に軌道修正されてしまうので、コナンによるキック力増強シューズによる一撃でなんとか軌道修正することができたのだった。

 主に公安警察における協力者について焦点が当てられ、「事件」とされるものについてはそこを起点にして事件が構築されており、途中までは結構楽しめた。後半に至っては明確なヒーローとして描かれるようになった江戸川コナンの活躍が描かれるのだが、とうとう墜落する人工衛星の軌道すら変えることができるようになり、ますます現実離れしていく。

 この映画はおそらく『君の名は。』に対するアンサーなのではないか、というのが一見してほとんどの人が思う感想なのではないかと私は勝手に思っているのだが、そこで明確に『君の名は。』にあって、「名探偵コナン」にあるもの、と言えば、当然「ヒーロー」の存在だろうと思うのだった。

 ゆえに、いかに現実離れしていようが、コナンは衛星墜落軌道を変更することができ、ヒーローが不在の『君の名は。』においてはそのすでにある世界に対して変革する存在を欠くため、「移動」する必要があった。どちらが現実的か、という話ではなく、これはおそらく話の作りとその要請されるキャラクター像に基づくストーリー上の必然かと思われる。

 ところで公安警察の安室は公然と違法捜査について、正義の名の下で、本法への愛国的な感性を持ち、責任を取ることができるならば可能だと述べているのだが、その感性というのは非常に危険な思想なのではないか、と個人的には思っている。

 むしろコナンが犯人に対して怒鳴った発言の真っ当さの方を、私は支持したい。

【関連記事】

 前作「から紅の恋歌」の感想。 

joek.hateblo.jp