読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outside

Something is better than nothing.

『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017年)

【Amazon.co.jp限定】ワイルド・スピード アイスブレイク(バンパーステッカー付き)

【Amazon.co.jp限定】ワイルド・スピード アイスブレイク(バンパーステッカー付き)

 

 F・ゲイリー・グレイの『ワイルド・スピード ICE BREAK』を観る。

 ヴィン・ディーゼル演じるドムはミシェル・ロドリゲス演じるレティとともにハネムーンがてらキューバに来て、そこで賭けレースをしたり満喫していると、シャーリーズ・セロン演じるサイファーと出会い、ドムは有無を言わせず協力させられる。ドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブスの元に、カート・ラッセル演じるミスター・ノーバディの使いが現れて、前作に引き続き電子パルス砲を奪うよう指示されるので、ファミリーの面々に力を借りて強奪作戦に参加するが、作戦成功に見えた撤収時に、ドムがファミリーを裏切り、パルス砲を持って行ってしまう。レティが「死んでいた」期間、付き合っていたエルサ・パタキー演じるエレナとの間に子供ができていた彼は、二人の安全と引き換えに言いなりになるように言われていたのだ。ファミリーはドムの裏切りに衝撃を受けるが、ホブスは刑務所に収監され、そこでジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウと再会する。そして彼の協力の下で、サイファーの動きを追っていくことになるのだが、秘密基地が襲撃され、さらには街中でロシア防衛大臣が持つ核兵器の発射ボタンを盗まれてしまう。その発射ボタンを使うため、潜水艦のあるロシアの基地に向かった面々は最終決戦に至るのだった。ファミリーを裏切ったかに思われたドムだったが、水面下でショウ兄弟の母親と接触し、息子と助け出すための計画を練っていた。サイファーの乗る飛行機の奪取に偽装工作を施した上で兄弟を向かわせ、ドム自身は危険な状態にあるファミリーを助け出す。サイファーの裏を取ったドムはファミリーに復帰し、熱探知ミサイルの性質を利用してサイファーの操るミサイルを潜水艦にぶつけて危機を乗り切るのだった。

 流れをまとめるのが難しい。

 本作はニューヨークの街中のシークエンスがもっとも素晴らしいところである。サイファーが自動車をハッキングすることで、車の「雨」が降ったり、乗り手がいたりいなかったりする自動車を街中が縦列になって走って行く様を観るにつけて、この「物量」を成立させているこの映画の文法に驚くしかなかった。

 正直言って、こんな映画は他にはないのではないか、と思った。車を「雨」にするという発想は、どんな予算があったところでリアリティーをもって描き出すことはできないだろう。映像として呈示することだけならできる。しかし、こういうことってありだよね、という感覚を保持したまま、車を「雨」として描くなんてこと、一体この映画以外のどの映画で可能なのだろうか。

 つまり、(すでにそうなってはいたのだが)「ワイルド・スピード」シリーズというのは、すでに一つのジャンルなのだ。それはカーアクションを主体にした大作娯楽映画なのではなく、「ワイルド・スピード」そのものなのだ。そしてそれを可能にしているのは、(人気に支えられた)潤沢な予算とスマートな戦略、何より「ファミリー」というヒストリーだろうと思う。

 同じように大作娯楽映画系統の一つである「ミッション:インポッシブル」シリーズが、「ワイルド・スピード」とは違って、物量という点では乏しいのはこのヒストリーの有無だろうと思う。また『バッドボーイズ2バッド』(1995年)などはこの映画を確実に予感させるものであったはずだが、この映画になくて「ワイルド・スピード」にあるのもまたヒストリーだろう。おそらくそう成功していたとは言いがたい第一作から第三作(場合によっては第四作も?)の下地があってこその、ヒストリーと言えるだろうし、そのヒストリーという素地の上に、とんでもない物量がのしかかってきたところで、映画が圧死することなく成立してしまうというのは恐ろしいが凄いことだ。

 ポール・ウォーカーの死によって、このシリーズはある意味で区切りがついてしまったのだが、よくよく考えると、蘇りはしたがレティだって死んでいるのだし、サン・カン演じるハンだって一度死んで蘇っている(映画の時系列ではそういう風に見えてしまうが、物語の時系列上では違う)。この映画はヒストリーがあるために、登場人物がたとえ物語上、あるいは俳優の肉体上、死んでしまったとしても耐えることができている。彼らの不在を補えるものではないが、その空隙をヒストリーの下地によって耐えられるようになった物量が覆っていく。

広告を非表示にする