読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outside

Something is better than nothing.

『名探偵コナン から紅の恋歌』(2017年)

 静野孔文の『名探偵コナン から紅の恋歌』を観る。

 江戸川コナン一行は大阪に来ており、そこでかるた団体「皐月会」の面々と出会う。枚本未来子という服部平次遠山和葉と同学年の女子高生はその会に所属するかるた取りで、かつて平次と約束した結婚を承諾させるために遠山和葉にかるたでの戦いを申し入れる。和葉もそれに応じて、かるた取りを頑張るのだが、いろいろと事件が起こるのだった。

 例によって最近の劇場版の『名探偵コナン』はアクションものである以上、ミステリー的にはどうしようもない代物であるという前提ではあるものの、今作は比較的動機がまともであったことは覚えている。演出がスタイリッシュになってきて、冒頭のいつもの体が小さくなったところでの演出もまた冴えている。エンディングの音楽を除いて劇中の音楽の使い方も悪くないし、そもそもコナンのアクションスターっぷりも、今回は服部平次をメインに据えたものであるためにうまい具合にマッチされている。かなり美味しいところが多い作品であることは確かで、そういった意味では年々着実に進化していっていると思う。

 後半にかけてのテンションの上がりっぷりはまさに一級品といっても過言ではない仕上げ方で、この辺りは明確なキャラクター性のお陰なのかもしれない。

広告を非表示にする