読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outside

Something is better than nothing.

『スペクトル』(2016年)

 ニック・マチューの『スペクトル』を観る。Netflixで視聴可能。

(数週間前に観て感想を書くのを忘れていたので、ざっくりしています。あしからず)

 東欧モルドバで紛争が起こり、兵器開発者であるジェームズ・バッジ・デール演じるクライン博士は現地で起こる謎の現象に対応するために派遣される。そこでは「幽霊」のようなものが人々を襲っており、触れると命が奪われてしまうほどの猛威を振るっていた。現地の軍隊とともに対応を練っていくうちに、ゴーグルの技術を応用した方法で彼らを可視化することができたのと、純鉄に弱いということが分かるのでそれらをまいて対策を練っていたもののじり貧になるというので決死の逃亡を企てて逃げる。そして発電所が怪しいということが現地で助けた少女の言から分かり、そこに突入すると高エネルギーを用いて人体を霊体にし、兵器として用いていることが分かったのでそこを破壊する。

 ……といったような話だったと思うのだが、そこそこのテンションがあって面白かったのだが、正直なところあまり肌に合わない作品だった。

 どちらかというと状況がまずあって、そこに理由を後づけしていくような印象があり、場面場面の転換と登場人物たちの行動に対して、あまり理解を示せなかったというところが最大の理由だと思われる。「幽霊」と「発電所」があまり結びつかず、もちろんSFで軍隊で、となると、オカルトに持っていく大技も難しいというところに理解は示せるのだが……消化不良であった。

広告を非表示にする