読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outside

Something is better than nothing.

『ラ・ラ・ランド』(2016年)

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,ジャスティン・ハーウィッツ feat.エマ・ストーン,ジャスティン・ポール,ジャスティン・ハーウィッツ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

  デミアン・チャゼルの『ラ・ラ・ランド』を観る。

 ライアン・ゴズリング演じるジャズピアニストのセバスチャン・ワイルダー(セブ)は、ジャズを復活させようと固執しているがゆえにあまり成功はしておらず、エマ・ストーン演じるミア・ドーランは女優を目指してハリウッドでオーディションを受ける日々を送っている。そんな二人がパーティー会場などで何度か会っているうちに恋心を抱くようになるので、ミアはそのとき付き合っていた彼氏を振ってセブと付き合うことになるものの、二人の生活のためにセブはそれまでのジャズへの熱情を捨て、現代風のジャズバンドに加入し、全国ツアーを行うようになる。ミアはオーディションに参加するばかりではなく、故郷で行っていたように自分で脚本を書き、一人芝居を準備していく。すれ違いが続く二人だったが、ある夜に食事をしているときに、ミアが彼にいつまでジャズバンドに加入しているのか、念願だった自分の店は持たないかと言ったことがきっかけで口論となり、セブは自らの心情を捨ててバンドに加入していたのは、かつてミアが母親との会話の中で安定を望んでいたからだし、そもそもミアは自分を見下して優越感を得るために付き合ったのではといったところで、いったん関係は破綻してしまう。ミアの一人芝居は惨憺たるもので、ほとんど客も入らず大根だと罵られ、失意のミアは地元に戻ってしまう。しかしセブの元にオーディションの結果がよかったという旨の通知が来たことから、セブはミアの地元に行ってミアにオーディションに出るように言い、彼女は役を得ることができる。しかしパリでの撮影が前提とされていることから、二人は発展的に関係を解消し、互いに自分の本当にやりたかったことに専念することになる。そして五年後、ミアは他の男性と結婚し、子供もいるのだが、夫と二人でジャズバーに出かけたところ、その店の名前はかつてセブとともに考えた店名で、ピアニストとしてセブが登場する。そしてありえたかもしれない「もしも」の姿を演奏の間にミアは感じる。そして二人はそれぞれの道を歩むのだった。

 『セッション』(2014年)を観たときにも書いたのだけれども、この監督はもしかするとかなり個人的な経験を映画にしているのではないか、と感じられる。実際、映画を観ていると、観る者の実人生に強烈に共鳴していくように作られている印象があり、映画として観ようとしているこちらからすれば、その共鳴がざわつきとして、ひりひりと画面に生じていく。映画を観終えたあと二日酔い的に残るのは映画視聴に伴う快感というよりかは、実人生の中で過ぎ去っていったさまざまな残り香ではなかろうか。

 そういった意味で言えば、この映画について何かを語るということは、批評としては難しいということをまず初めに断っておきたい。この映画にしろ『セッション』にしろ、「映画としての出来」を云々する前に、実人生の中でのあれこれが引っかかってしまう。そのとき、鑑賞者にとってもはや『セッション』や『ラ・ラ・ランド』は「映画」ではなくなってしまうのだ。作品に接するにあたって、これはフェアではないと思う。

 ただ、そうは言っても、かろうじて残った客観性がこの映画が素晴らしいものだと告げているし、その残された理性がどことなくぶつ切りになって挿入される、音楽なのに非音楽と見なされているような音に注意を向けさせ、まためまいを催させられるように、何度か挿入される回転する絵面にも考えを向かわせる。とはいえ、そういった物事よりもまず、何を差し置いても語っておかねばならないことがある。

 エマ・ストーン万歳!

 私は勝手にエマ・ストーンを全世界的に応援する会の日本支部会員を名乗っているのだけれども、それくらいにエマ・ストーンが大好きであり、出演作品をすべて観ているわけではないのだけれども、とにかく彼女が好きである。

 画面の中に動く彼女の姿は実に美しく、まず最初に観たのは『アメイジングスパイダーマン』(2012年)のヒロインとして登場していたところだったのだけれども、まるでズーイー・デシャネルに出会ったときのような衝撃だった。

 そしてエマ・ストーンはこの作品でアカデミー賞の主演女優賞を受賞しているのだが、この映画と彼女との出会いはキャリアを考える上でも重要だろう。とにかく画面の中の彼女は美しく、可愛く、素敵で目が離せなくなってしまった。正直に言えば私はこの映画を観ながら、ライアン・ゴズリングに嫉妬してしまうほどだった。

 その美しさをもたらしたエマ・ストーンの衣装については映画との関連において考える必要はあるだろうし、彼女のテンション如何によって着ている服の鮮やかさがまるで違うわけなのだから(背景の色彩についても)、映画との関連は単なる衣装を超えて深い。

 さて、作品に戻るのだが、ライアン・ゴズリングのほとんど一貫して何か悟っている風な具合もけっこう気になるわけであるのだけれども、そういえば観ているときに思いだしたのはデヴィッド・リンチの『マルホランド・ドライブ』(2001年)だった。

マルホランド・ドライブ [DVD]

マルホランド・ドライブ [DVD]

 

マルホランド・ドライブ』はビリー・ワイルダーの『サンセット大通り』(1950年)の影響にあると監督自身が公言しているのだけれども、この三作品ともにハリウッドを巡る話になっていることはまず考えなければならないだろう。

『ラ・ラ・ランド』は夢を語る物語ではあるのだけれども、冒頭から挿入される「シネマスコープ」とロゴが出てくるところからすると、映画についての映画でもある。私はミュージカル映画についてあまり詳しくないので、その部分については他の批評や感想で補完して欲しいのだが。

マルホランド・ドライブ』はナオミ・ワッツ演じるベティというキャラクターが、やはり女優志望でハリウッドに来ている。そこでローラ・ハリング演じるリタと出会い、夢の世界とも言える奇妙な場所に行ってしまうのだけれども、だんだんと映画は分裂を来していき、ベティすらも分裂する。リタもまたカミーラ・ローズという女優に分裂しており、ジャスティン・セロー演じる映画監督アダム・ケシャーと付き合っているという演出もあったのだけれども、これが『ラ・ラ・ランド』においては(たしか)プロデューサーと結婚しているような描写に転じているわけで、どことなくハリウッドにおいて「才能」の発揮方法を想起させられる。最終的に夢を語り続けることはできず、ライアン・ゴズリングエマ・ストーンは現実には結ばれなくて、夢の中で結ばれているのだけれども、この現実の妥協とも言える部分がカミーラ・ローズとアダム・ケシャーの関係性に結びついているようにも感じられる(ちょっと牽強付会か)。ララランド(夢)の世界での出来事は、もちろん劇中の彼らにとっての現実ではあるのだけれども、リンチにおいてララランドは非常に不安定な世界として描かれており、ベティとリタは不思議な出会いをし、冒険と呼べるような数々の出来事を経ていくのだが、最終的には収束していく。これが『マルホランド・ドライブ』におけるララランドである。『ラ・ラ・ランド』は色調と衣装、ストレートに歌、あるいは彼らの現在でその収束を物語った。

 

【関連記事】

joek.hateblo.jp

広告を非表示にする