読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outside

Something is better than nothing.

『クリーピー』(2016年)

映画
クリーピー 偽りの隣人[DVD]

クリーピー 偽りの隣人[DVD]

 

  黒沢清の『クリーピー』を観る。

 元刑事で現在は大学教授の西島秀俊演じる高倉幸一は、サイコパスの被疑者を取り調べている最中に逃亡され、民間人を人質に取られた挙げ句に説得中に背中を刺されてしまう。一年後に刑事を辞めた彼は、竹内結子演じる妻の康子とともに引越をし、心機一転、生活をやり直す。近所への挨拶をしているときに、彼らは西野宅を訪問するも不在だった。しかし、その後、康子が一人でそこを訪れたところ、香川照之演じる西野雅之が出てくる。彼の受け答えは奇妙でつかみどころがなく、すっかり気分を害した康子はそのことを夫に告げる。幸一は大学で事件のファイリングを行っている同僚から、日野市一家三人行方不明事件を目にし、興味を持つ。そこへかつての同僚である東出昌大演じる野上刑事に唆されるようにして、事件の関係者への聞き込み、失踪した本多家の調査を行うようになる。一方、康子は愛犬のマックスが逃げ出したところを西野が保護してくれたりいたことから、奇妙ではあるものの、西野家との関係を深めていき、西野の中学生の娘に料理を教えたりもするようになる。幸一も訝しがりながらも、だんだんと西野との関係を深めていく一方で、自分の家の配置と日野市の事件の家の配置とが似通っていることに気づく。そこで野上に調査を依頼したものの、野上は免許証の写真と西野と名乗る男とが異なっていることに気づいたものの、返り討ちにあってしまう。幸一は西野への疑惑を深めていくが、康子は西野に薬品を注射され、言いなりの状態になってしまっていることに気づかない。西野宅へ他の刑事とともに侵入するものの、逆に刑事は返り討ちにあってしまい、また幸一も康子の手にかかり、薬品を注射されてしまう。しかし、その後、自分の支配下に置いたと確信した西野はマックスの殺害のために幸一に拳銃を渡したものの、正気に戻っていた幸一の手にかかって死ぬ。

 ざっとあらすじを書いたが、北九州の監禁洗脳事件を下敷きにしているだろうと思われるのだが、香川照之演じる西野を名乗る何者か分からない男が不気味であり、薬品の影響ではあるものの、竹内結子演じる高倉康子がマインドコントロールされていく過程はひたすらに不健全である。また、西野の娘は中学生という設定だが、彼女が自分の母親を処理していく過程もまた不健全で、これはつまりひたすらに不健全な映画なのだった。

 西野という人物は基本的には自分で何かをするということはない、ある種の受動性を持っているのだが、ただ他人をコントロール下に置くときに、薬品の注射等を行うことになる。しかし、巧妙に責任の名の下に、人を追いつめていくことはうまく、康子が判断能力を著しく低下している状況下で、西野の妻の遺体処理の責任をなすりつけていく様は、物凄く精神的に来るところがあった。

 西野自身の背景がまったく描かれないところから、この人物の不気味さが際だっている印象で、いったいこの男の悪意は何なのか、いやこれは悪意と呼べるようなものなのかどうかさえ、分からない。幸一が一定の倫理観を発揮し、西野を殺すことになるのだが、しかしと思ったのも事実である。

 また家の造りとして、『呪怨』を思い出した作品だった。家の構造や配置が西野のトリガーであるらしいが、『呪怨』もまた家に固執した作品だったように記憶している。