Outside

Something is better than nothing.

情報収集の難しさ

University of Maryland and Sourcefire Announce New Cybersecurity Partnership

  情報収集というものは現代においては必須になるのだが、私はあまり得意ではなく、どうにもしっくり来ないまま続いている。iPhone 4を使っているとき、今は名前が変わってしまったがLivedoor Readerを使っていて、当時はかなりしっくり来ていたのは事実で愛用していたのだが、途中でサービスが終了した。

 iPhone 6 を購入したとき、同時に格安SIM(OCN モバイル ONEの1日110MBコース)にもした関係で通信速度はかなり遅くなってしまった。その分、料金は圧倒的に安くなったため必ずしも悪い面のみというわけではないのだが、情報収集に際してウェブページを読み込むにはかなり時間がかかるため、より効率的な方法を考えなければならなくなった。

 Feedlyを使うようになってきて、正直使いこなせるまでには至っていないのだが、まあなんとなく使えているかな、と思っていたところで、日経電子版を使うようになり、これはこれで電池を食うのとやはり通信速度の関係でうまく合わず、Yahoo!ニュースアプリを使うようになったり、SmartNewsGunosyNewsPicksといったキュレーションアプリを使うようになったものの、やはりしっくり来ない。

 求めているものは、通信速度の遅さを気にすることなく、あとから見直すことが容易であり、なおかつ情報供給量が過剰ではないこと、ということである。

 で、iPad mini 4を購入したときに、Flipboardを使い始めた。これはCoverStoryというページに購読しているフィードの主要な記事が表示されていくというもので、勝手にキュレーションしてくれる点が気に入り、愛用している。ただ、通信速度の問題は如何ともしがたい部分は事実であり、この部分は切り捨てざるを得なかった。

 また、私はEvernoteで全文をクリップしたいという希望も持っており、その点でPocketやはてなブックマークといったあとで読む系のサービスは馴染まなかった。ただ最適な表示でクリップをするにはPC環境でブラウザの拡張機能等を使う必要があり、昨今の広告表示のためだろうが、複数ページにまたがっている記事にはうんざりしつつも、不便だなあと思っている次第である。

 いろいろとアプリを行ったり来たりするのが面倒臭いので、ニュースサイトとRSSリーダーが一体化したようなアプリが欲しいのであった。あまり個人ブログなどのフィードを購読してはないのだが、更新は押さえておきたい。けれども、ニュースサイトのRSSを購読していても、情報供給量が過剰すぎて埋もれてしまうし、カテゴリやタグで分けても、なんとなく一覧として見づらい。

 わがまま極まりないのだが、けれどもそう思うのも事実である。

広告を非表示にする