Outside

Something is better than nothing.

Wiko tommyを買った

Wiko Mobile Tommy 5.0 SIM フリースマートフォン ブリーン (Android 6.0/2GB/16GB) 【国内正規代理店品】 P4903JP-BLEEN 出版社/メーカー: Wiko Mobile 発売日: 2017/02/25 メディア: エレクトロニクス この商品を含むブログを見る 物欲支配 完全に物欲に支…

迷宮のクオーターライフ・クライシス

思い返せば2016年は呪われていたとしか思えない。2015年の12月くらいから精神的に苦しくなってきたというところはあるのだが、それが改善されないまま2016年に突入してしまった。当時の私は仕事上の環境が大きく変わったことで、もはやどうしようもならない…

『バイオハザード:ザ・ファイナル』(2016年)

バイオハザード:ザ・ファイナル (字幕版) 発売日: 2017/02/10 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る ポール・W・S・アンダーソンの『バイオハザード:ザ・ファイナル』を観る。 一体どの層がこの続編を、そして最終作を期待していたのだろう…

『モネ・ゲーム』(2012年)

モネ・ゲーム (字幕版) 発売日: 2014/02/02 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る マイケル・ホフマンの『モネ・ゲーム』を観る。 コリン・ファース演じるキュレーターのハリー・ディーンはメディア企業の社長であるアラン・リックマン演じる…

Kindle作品紹介

概要 陸条(Joe Kuga)として、AmazonにていくつかKindle作品を公開および販売しておりますが、その紹介一覧になります。この記事は随時更新とし、更新時は日時を最新のものに修正いたします。 お知らせ(2017年7月1日) ・『Slipstream』を公開しました。

前進運動

前へ前へ進もうと考えることそれ自体にたぶん意味はなく、結果的に表出されたものにこそ意味があるのだろうと思いつつ、しかしながらそれを作り出すためにはその気持ちが必要ではある、と考えるわけなのだが、例えば小説を書くときに、一体どこまで続けられ…

『スクリーム2』(1997年)

スクリーム2 [Blu-ray] 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ 発売日: 2012/02/22 メディア: Blu-ray クリック: 1回 この商品を含むブログ (1件) を見る ウェス・クレイヴンの『スクリーム2』を観る。 前作の続きで、コートニー・コックス演じるゲイブ…

『スクリーム』(1996年)

スクリーム [DVD] 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ 発売日: 2012/02/22 メディア: DVD この商品を含むブログ (4件) を見る ウェス・クレイヴンの『スクリーム』を観る。 冒頭、ドリュー・バリモア演じるケイシーは恋人と一緒に映画を観ようと一人…

Nintendo Switchと『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(2017年)

【Amazon.co.jp限定】【液晶保護フィルム多機能付き(任天堂ライセンス商品)】Nintendo Switch Joy-Con(L)/(R) グレー+専用スマートポーチ(EVA)ブラック+マイクロファイバークロス 出版社/メーカー: 任天堂 発売日: 2017/03/03 メディア: Video Game この商品…

『スペクトル』(2016年)

ニック・マチューの『スペクトル』を観る。Netflixで視聴可能。 (数週間前に観て感想を書くのを忘れていたので、ざっくりしています。あしからず) 東欧モルドバで紛争が起こり、兵器開発者であるジェームズ・バッジ・デール演じるクライン博士は現地で起こ…

『アサシン クリード』(2016年)

アサシン クリード I+II ウェルカムパック【CEROレーティング「Z」】 出版社/メーカー: ユービーアイ ソフト 発売日: 2012/07/19 メディア: Video Game 購入: 6人 クリック: 36回 この商品を含むブログ (14件) を見る ジャスティン・カーゼルの『アサシン ク…

家々の変遷

何十年か生きていくと、住んでいる場所がいつの間にか過去のものとなっていることはよくあることで、一箇所に定住するということはけっこう難しい。それだけの資本があるのであれば、半ば強制的にその資本の磁場に囚われてしまうことになり、それはもちろん…

クリエイターの手

Netflixで『アート・オブ・デザイン』というドキュメンタリーを最近観ているのだけれども、これがけっこう面白くていろいろなことを考えてしまう。第四回まで観ていて、今のところどのクリエイターも手を使って物を作り出している。 デジタルとの融合はもち…

『ラ・ラ・ランド』(2016年)

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック アーティスト: サントラ,ジャスティン・ハーウィッツ feat.エマ・ストーン,ジャスティン・ポール,ジャスティン・ハーウィッツ 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック 発売日: 2017/02/17 メディア: CD こ…

『iBOY』(2017年)

アダム・ランドールの『iBOY』を観る。Netflixで視聴可能。 ビル・ミルナー演じるトムはギークな少年で、イギリスの団地に住んでいた。そこには高校の友人も多く住み着いている場所で、トムはメイジー・ウィリアムズ演じるルーシーという女の子にほのかな恋…

『ズーランダー No.2』(2016年)

ズーランダー No.2 (字幕版) 発売日: 2016/07/20 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る ベン・スティラーの『ズーランダー NO.2』を観る。 冒頭イタリアでジャスティン・ビーバーがキメ顔を残して暗殺されるので、 ペネロペ・クルス演じるイン…

小説のエネルギー

久々に小説を書くようになって、その書きっぷりがまた単に書くことが可能という状態ではなく、思考自体が小説を書くものに変貌している、ということに驚いている。具体的には記述の果てにぐちゃぐちゃした、時に矛盾するセンテンスを書けてしまっているとい…

『リバース』(2016年)

カール・ミュラーの『リバース』を観る。Netflixで視聴可能。 アンドリュー・J・ウェスト演じるカイルが銀行に勤めており、そこでSNSを用いた広報を担当し、ローンについて宣伝している。上司との関係性がやや危ういものを孕んではいるものの、結婚してすで…

完成の水準

金井美恵子のエッセイ・コレクションが2014年くらいから全四巻で刊行されていて、彼女の「目白雑録」シリーズが好きだったので購入してみて、ちまちまと読み進めている。けれどもまだ第一巻の『夜になっても遊びつづけろ (金井美恵子エッセイ・コレクション[…

『ジャドヴィル包囲戦』(2016年)

リッチー・スマイスの『ジャドヴィル包囲戦』を観る。Netflixで視聴可能。 ジェイミー・ドーナン演じる中隊長は戦闘経験のないアイルランド人部隊を率いて、鉱物資源を盾に冷戦のパワーバランスをうまく利用してコンゴから独立したカダンガ州に、平和維持軍…

『インペリアル・ドリーム』(2014年)

マリク・ヴィタルの『インペリアル・ドリーム』を観る。Netflixで視聴可能。 ジョン・ボイエガ演じるバンビは刑務所から出所し、息子と一緒にまっとうな生活を送ろうとするものの、定職に就くには免許証がまず必要で、免許証を再発行するには(刑務所に入っ…

漢字の配置

今もって自分の書くものの中で、漢字をどう配置していくのか、ということについてよく悩む。昔は「すごい」という言葉についてはひらがなで書いて、「凄い」と漢字では書かなかった。けれども昨年くらいから漢字で書くようになって、この導入はかなり慎重に…

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014年)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(字幕版) 発売日: 2015/08/05 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を観る。 マイケル・…

正しさの判定と表面化されたバイアス

機械的な正しさの判定というものはまだまだ難しいのだろうが、正しさの判定をするための情報については、アルゴリズムを使うことによって人々の選択の幅を調整可能にすることが可能になっているようだ、というのがこれから書きたいことではあるのだが、私は…

グミの進化

ハリボーのグミというのは妙な魔力があるもので、見かけるとついつい欲しくなってしまい、けれども噛んでいるうちにゴムっぽい臭い、お世辞にもいい匂いとは言いがたいスメルを発する瞬間もあって、あの弾力性のあるグミを噛み続けている自分はやがてゴム人…

『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(2015年)

キャリー・ジョージ・フクナガの『ビースト・オブ・ノー・ネーション』を観る。Netflixで視聴可能。 アブラハム・アター演じるアグーはアフリカで家族とともに住んでいたが政情が不安定になっていき、男たちは代々の土地を守るために戦い、女子供は首都に疎…

流言蜚語、デマゴギー、ポスト・トゥルース

考えながら書いていったことを個人的なメモとして、以下に記す。また、以下に記すことは個人的な整理の範疇にあるため、学術的な定義等に関連するものではないことをあらかじめ記しておく。 流言蜚語やデマゴギーとポスト・トゥルースがどう違うのか、という…

甘酸っぱさとその泥濘 ―『ハチミツとクローバー』にまつわる思い出について―

ハチミツとクローバー 1 作者: 羽海野チカ 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2016/08/10 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (2件) を見る 先日、久々に羽海野チカの『ハチミツとクローバー』(以下、ハチクロ)を読み返していた。NHKで『3月のライオ…

『サクラメント』(2013年)

サクラメント 死の楽園(字幕版) 発売日: 2016/05/18 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る タイ・ウェストの『サクラメント』を観る。 薬物中毒だった妹がカルト教団に入ってしまったと言う兄から相談を受けたジャーナリストたちがそのカルト…

『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015年)

ワイルド・スピード SKY MISSION [Blu-ray] 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 発売日: 2016/04/08 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (2件) を見る ジェームズ・ワンの『ワイルド・スピード SKY MISSION』を観る。 前作…