読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outside

Something is better than nothing.

『マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション』(2017年)

マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>エディション Blu-ray(初回限定生産/2枚組) 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 発売日: 2017/02/08 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (1件) を見る ジョージ・…

発熱するFire TV Stickと放熱対策

Fire TV Stick 出版社/メーカー: Amazon 発売日: 2015/10/28 メディア: エレクトロニクス この商品を含むブログ (37件) を見る AmazonのFire TV Stickは、テレビのHDMI端子に接続し、自宅のWi-Fiに接続して動画配信サービス等を利用するといった使い方をする…

SmartNews ATLAS Program 2「社会の子ども」vol.2

概要 スマートニュースの実施する社会貢献プログラム「SmartNews ATLAS Program 2」の2回目のイベントに行ってきた。前回は映画『さとにきたらええやん』鑑賞会&トークショーということで、大阪の西成地区における子どもたちについてのものだった。 joek.hat…

二股という言葉について

二股をかけるという言葉があるのだけれども、その語源を調べてみたが定かではない。現在使われている用法といえば、もっぱら男女交際に関連するもので、誰かと付き合っているのに、他の男女とも同時に付き合っているという状態になる。不倫とはまた違う状態…

『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』(2014年)

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標 [Blu-ray] 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2014/11/28 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (4件) を見る 小池健の『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』を観る。 『LUPIN the Third -峰不二子という女-』…

『イット・フォローズ』(2014年)

イット・フォローズ(字幕版) 発売日: 2016/06/22 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る デヴィッド・ロバート・ミッチェルの『イット・フォローズ』を観る。 冒頭、女の子が家から出てきて、周囲の人々が何かから逃げている彼女に声をかけてい…

『マネー・ショート』(2015年)

マネー・ショート 華麗なる大逆転 [Blu-ray] 出版社/メーカー: パラマウント 発売日: 2017/02/08 メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る アダム・マッケイの『マネー・ショート』を観る。 未曾有の経済危機だったサブプライム住宅ローン危機に焦点を…

ZenWatch 3の使用感

ASUS スマートウォッチ ASUS ZenWatch 3 ガンメタル WI503Q-RBR04 出版社/メーカー: Asus メディア: エレクトロニクス この商品を含むブログを見る 時計の購入 年末にiPhone 6からZenFone 3 Laserに変更したついでに、以前からスマートウォッチを購入したか…

『説明書』公開

説明書 作者: 陸条 出版社/メーカー: PLAYBOX BOOKS 発売日: 2016/12/29 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 公開 掌編集『説明書』を公開しました。99円で購入可能です。Kindle Unlimitedでも読めます。 収録作品 Wind止んだ雨Without Your Lov…

『アイアムアヒーロー』(2016年)

アイアムアヒーロー 発売日: 2016/11/02 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログ (3件) を見る 佐藤信介の『アイアムアヒーロー』を観る。原作は数巻読んだことがある。 梗概 大泉洋演じる鈴木英雄は冴えないマンガのアシスタントで、日々妄想を垂れ流…

『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)

TBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』を観る。原作は未読。 流れ 新垣結衣演じる森山みくり(25歳)は院卒だが「小賢しさ」が疎まれ、派遣切りに遭うなど人生があまりうまくいっていない。星野源演じる津崎平匡(35歳)は「プロの独身」を自称し、結婚を必要…

童貞に囚われること

出会わなかったこと 出会わなかった以上、致し方ないといえばそうなのだが、先日に見かけた雨宮まみの死というものは、誰かが死んだとしか反応することができず、当人を何らかの形で知らなかった以上はそれで終わるはずだったのだが、さまざまなところで反応…

こんにちはZenFone 3 Laser、さようならiPhone 6

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 3 Laserシルバー ZC551KL-SL32S4 出版社/メーカー: エイスース メディア: エレクトロニクス この商品を含むブログを見る 機種変更 先日、およそ2年間愛用していたiPhone 6の使用を止め、ASUSのZenFone 3 Laserに…

SmartNews ATLAS Program 2「社会の子ども」vol.1

経緯 先日(2016年12月15日)、スマートニュースの実施する社会貢献プログラム「SmartNews ATLAS Program 2」のイベントに行ってきた。 まず動機から書いておくと、Twitterで望月優大(敬称略、以下同)の記事に興味を持ち、本人をフォロー。するとスマート…

『切断のための断片』公開

切断のための断片 作者: 陸条 出版社/メーカー: PLAYBOX BOOKS 発売日: 2016/12/14 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 公開 Kindle版で2014年に作成した作品集『切断のための断片』を公開しました。 Kindle Unlimitedでも読めます。 小説などを…

煙の生

法事のために帰省したということはつまりそれは宗教行為を行うということに他ならない。私の母方の親戚連中は基本的には宗教心が強く、自分でお経を上げたりできる人も多いし、お寺に修行したりした伯父もいるし、墓参りもけっこう頻繁に行っていたようにも…

親戚付き合いの位置

法事ということだったので、法事を終えたあとに宴会となった。以前はそういった「親戚付き合い」が煩わしいとは思っていたものの、一年に一度あるかないかの付き合いであるのだから、そこまでの煩わしさも感じられないようになった。 もともと私は父方との親…

地元で見たいくつかの顔の印象

地元に帰ると、ふだんは東京で生活しているためなのか、いろいろと発見が多い。 私が今回、もっとも印象に残ったのはそこで生活する人々の顔で、これは私の主観かもしれないのだが、彼らはおおむね大人びて見えた。 同年代か、それより下の世代の男性の表情…

根無し草にとって地元とは

先日まで地元に帰っていた。 ここ数年、両親が実家を人に貸してタイに仕事に行っている関係で、以前まではお盆と正月には帰省していたが、実家が消滅してしまったので帰ることができなくなってしまっていたのだった。 今年は幸いにして友人の結婚式が二度あ…

物欲とSTEAM

物欲 私のメインPCが先日までASUSのEeebook X205TAで、キーボードの打鍵感は最高だったものの、なにせメモリが2GBしかないのでChromeで三つ四つのタブを開くのさえストレスフルだった。 ASUS ノートパソコン EeeBook X205TA-WHITE10 Windows10/11.6インチワ…

11月の振り返り

振り返り 12月になったので、11月期の記事を振り返る。 (2017年1月2日追記。リンクを削除に伴い、一部レイアウトを変更) 収録記事 収録記事は下記の通り。 joek.hateblo.jp 映画『この世界の片隅に』は、評価するにあたっての言葉の選び方が非常に難しい作…

ヨーグルト漬け

腸内環境が人間のあらゆる面に影響を及ぼすらしい、ということを聞き、さらには腸内細菌が人間の意識に影響を及ぼすといったSFや研究を見かけたことがあったので、どことなくそういったものについて考えを巡らせたことはあったものの、かといって、では腸内…

「やっちまえ」という経済活動

捏造の出所 FacebookやTwitterといったSNSに投稿された捏造記事が拡散することで、必ずしも正しいわけではない情報が蔓延し、やがて真実そのものを覆い隠していく様というものは、例えば「空気」としてのコンテンツであるがゆえの宿命、と言えるだろう。 ど…

『キャプテンハーロック』(2013年)

キャプテンハーロック Blu-ray通常版 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2014/02/21 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (7件) を見る 荒牧伸志の『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』を観る。 よく分からない世界観の下…

恋愛の「文芸評論」

恋愛について考えることが増えたのは、仕事を始めてから若い女性と一緒に飲むことが増えたからなのかもしれないわけで、学生時代はほとんどそうした経験もなく、そういった機会があったときはある種のマウンティングに明け暮れていたと思うし、性差別的な視…

考える軌跡

保坂和志の小説ではないエッセイをメインとした本を読むときに、ポーンとボールを無造作に投げたかのような言葉に出会うことが多々あり、それは良い面と悪い面とがあることは重々承知であるし、「保坂和志」的なものについての検討というものはしなければな…

蛇と蜘蛛の続き

joek.hateblo.jp (あまりにも疲れ果てていたときに蛇について書いたのだが、タイトルが「蛇と蜘蛛」という割に一切蜘蛛について触れていないのは自分でもいかがなものかと思いつつ……承前) 蛇を考えると、つらつらと類推するのは蜘蛛のことで、蜘蛛は例えば…

雪の日

雪が降った。この寒い中、人生初の転職活動を行った。取り立てて必要に迫られているわけでもないのだが、いい機会なのでやってみようという軽い気持ちで転職サイトに登録し、Web履歴書の項目をちまちまと埋めていくとオファーがかかった。ありきたりなメッセ…

蛇と蜘蛛

子供の頃に聞いたことがあることわざだったり迷信のようなものは、大人になっても影を落とすように記憶にこびりついているもので、例えばそれは夜中に口笛を吹くと蛇が出るといったものであったりするのだけれども、子供の頃の私は小賢しくも当然に風呂の中…

言語化の壁

あらゆるものを言語化することはまず不可能だとは思うのだけれども、他者への伝達を目的とする言語使用において、言語化不可能の対象は存在しないものとして扱われる、ということになるのだろうか。 言語化できない/したくないものというものの奥に、何か非…

情報収集の難しさ

情報収集というものは現代においては必須になるのだが、私はあまり得意ではなく、どうにもしっくり来ないまま続いている。iPhone 4を使っているとき、今は名前が変わってしまったがLivedoor Readerを使っていて、当時はかなりしっくり来ていたのは事実で愛用…

『ニューヨーク1997』(1981年)

ニューヨーク1997 [Blu-ray] 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル 発売日: 2012/04/13 メディア: Blu-ray クリック: 1回 この商品を含むブログ (9件) を見る ジョン・カーペンターの『ニューヨーク1997』(1981年)を観る。 ジョン・カーペンターの作…

分断された現実の位相

敵というテーマ およそ六年前に「敵」と「敵に関する報告書」という小説を書いたことがある。二つは相補関係にあるのだが、一方は敵の遍在を、もう一方は敵を書くことの不可能性を書いた小説だった。 敵というものは恣意的な存在である。敵は常に一方が他方…

『シン・シティ』(2005年)

シン・シティ [Blu-ray] 出版社/メーカー: ギャガ 発売日: 2015/12/23 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (2件) を見る フランク・ミラーとロバート・ロドリゲスの『シン・シティ』(2005年)を観る。 4編の短編映画が一つの世界観の下で集まってでき…

『この世界の片隅に』(2016年)

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック 作者: 『この世界の片隅に』製作委員会,. 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2016/10/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (10件) を見る 片渕須直の『この世界の片隅に』(2016年)を観…

グローバルとローカル

GとL トランプ次期大統領となってしまった現在において、政治状況等を考える上で、何かとっかかりはないだろうか、と思っていた矢先に、こういう記事が目に留まった。 newspicks.com この記事を少し要約する。 今回のトランプ勝利はL(ローカル)の世界に属…

あるダンプ乗りの物語(下)

joek.hateblo.jp 続き。 給料 彼は二週間ほど新しいおもちゃに夢中になっていただろうか、やがて正気に返った。そうせざるを得ない理由があった。 実を言えば、彼は前の会社で働いていた一ヶ月分の給料をまだ貰っていなかったのだった。さすがに無断欠勤をし…

あるダンプ乗りの物語(上)

お見舞い ――義祖父は東北の訛りを強く残しながら、私たちに語った。 その日、私たちは義祖父(以下、「祖父」や「彼」等の表現を適宜使用)の誕生日のお祝いに、郊外の介護施設を訪れていた。私は二度目になるが、妻は何度も足を運んでいるらしい。何人もの…

インナージャーニー

今はもう解散してしまったandymoriというバンドがいる。「Follow me」という曲から、このバンドに嵌まって、アルバムは全部借りた。 andymori "FOLLOW ME" たまたま後輩が好きだったこともあって、解散ライブのブルーレイを借りたりもしたのだが、彼らのアル…

食嫌い

グロテスクな食 食べるという行為に潜む、何か物々しさのようなもの、グロテスクさを知っていながら表面上は美味しいや不味いといった価値観によって取り繕われていることが妙に気にかかる瞬間はあり、そういったものを突き詰めていけば肉類はおそらくそこに…

才能にまつわる病

『SNSポリス』をどこかの記事で読んで爆笑してからというもの、「かっぴー」という名前を記憶していて、『左ききのエレン』という作品を描いていることも知っていた。 SNSポリスのSNS入門 作者: かっぴー 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2016/07/2…

怪しい者たち

無窮の歴史 中世という言葉を聞いたときに、直接見たわけではないのだけれども『少女革命ウテナ』の「甦れ!無窮の歴史『中世』よ」だったか、この曲について知り合いの誰かが言っていた。 「中世を何だと思っているんだろう」 歌詞をカラオケでぼんやり眺め…

からっぽのあり方

世界が終わる夜について チャットモンチーの「世界が終わる夜に」という曲がけっこう好きなんだけれども、今まで歌詞をちゃんと読んだことはなかった。 今日その歌詞を読んだのだが、なぜかといえば、ヒラリーが勝つだろうと思っていた米大統領選がトランプ…

嘘つきの重たさ

米大統領選 アメリカの大統領選が日本時間で言えば本日(2016年11月8日)の夜から行われるのだが、それに伴ってさまざまなニュースや記事が出ている。 ヒラリーとトランプにはそれぞれ問題として挙げられていることは多いが、個人的にはヒラリーの勝利に終わ…

スマートガンのコンセプト

会話 以下はPS3のゲーム『MGS4』の伊藤計劃によるノベライズからの引用である。場面はスネークとオタコンの会話だ(最初の話者がオタコン)。 「スネーク、PMCの兵士が使っているのはID銃だ」「ID銃?」「ID銃は兵士体内のナノマシンIDを認識してロックを解…

物欲にかまけて

消費の楽しさ 欲しいものについて、例えば今までの人生の中で、どういう態度を取ってきたかによって、その欲する強さというものは変化するものだと考えられる。私は物欲が弱いような自己評価をしてみたけれども、そんなわけはなく、欲しいものはどうしたって…

折りたたまれた手紙

封筒の手紙 そういえば私にも何通か手紙は受け取ったことはあり、その保管については捨てるのも何だし、ばらばらにしまってしまうと散らかってしまうので、普通のクラフト封筒にしまうことにしている。 封筒の中から手紙を取り出して、読み返すこともある。…

長い手紙をしまう場所

アルファベット 高校生のときに教科書に抄録されていた夏目漱石の『こころ』を読んだことがある。その抄録部分は前半部分ではなく後半部分であったために、あのとてつもなく長い手紙の部分(「下 先生と遺書」)を読んでいたことになるので、後に『こころ』…

悪筆による線の連なり

字の汚さ 私は字がとても汚く、正直なところ読めたものではない。子供の頃に習字教室に通っていたし、毛筆に限らず硬筆も一通り習ったのだが、どうしても性分というものなのか、字が汚くなってしまう。 おそらくは心が汚れているからなのだろうと思うのだが…

あっさりとした下ネタのおかしみ

逃げるは恥だが役に立つ TBSで毎週火曜22時から放送されているドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(以下、『逃げ恥』)は、主人公の森山みくりを演じる新垣結衣ことガッキーのエンディングにおける可愛いダンスもあって人気だが、テーマは契約結婚というもの…