Outside

Something is better than nothing.

ココナッツとの邂逅

Coconut

 タイのリゾート地、ということはそこには必ず浜辺と海とがセットになっているということにもなるのだが、そういったところに行くと、パラソルの下、燦々と照る太陽を避けて涼もうものならば必ずと言ってもいいほど、怪しげな風貌をしたおじさんやお兄さんが目の前を練り歩き、要る要らないというこちらの元々のニーズなどお構いなしに、営業とはニーズを喚起して然るべきものなのだというくらいの、つまりは押し売りを仕掛けてきて、結果的によく分からない、おそらく現地では普遍的に、つまり祖父の、いや曾祖父の時代から連綿と食べ続けられ、飲み続けられ、使われ続けた某かが手渡されることになるのだが、しかしその先祖代々の代物というものはその伝統を失い、さらには故郷を失ってもいる私たちにとっては、どう考えても無用の代物でしかなく、一体これをどうすればいいのかと途方に暮れるし、食べ物や飲み物ならばあまり口に合わなくて辟易する。

 かくして購入物はすぐにゴミに変貌することになり、旅につきまとう無用な買い物の金額がまた蓄積されていくことになるのだが、私にとってそれはココナッツだった。

 正直なところ、衛生上どうなのだろうという現代っ子ぶりを発揮してしまい、手を着けるべきかどうか延々と悩んだ末に差し出されたストローを吸ってみて、微妙に、まあ飲めなくもないけれども美味くもないよね、といった案配の味がしたときの、あの気まずさといったら!

 しかしながら、数年前に私はトロピカーナのココナッツウォーターに出会ってから、というもの、ココナッツに対する認識を改めつつある。 

キリン トロピカーナ ココナッツウォーター 470ml×24本

キリン トロピカーナ ココナッツウォーター 470ml×24本

 

 元々ココナッツウォーターについては不満があって、紙パックで売られているココナッツウォーターは甘ったるく、まるでココナッツオイルのような甘さ、とでも言おうか、甘さ重視の味がしたものだったが、このトロピカーナのココナッツウォーターについては甘くなく、さっぱりした味で、夏場の水分補給でもごくごく飲むことができる。

 先般から行くようになったLAVAのホットヨガだが、そのときにミネラルウォーターとトロピカーナのココナッツウォーターをそれぞれ持っていくようにしている。さすがに汗っかきなので脱水が怖く、ココナッツウォーターの方が水分補給にいいのではないかと思うくらいに体が受けつけるのだった。

 かくしてココナッツに対する認識を改めた次第で、衛生上の問題は簡単にクリアされ、スーパーやAmazonで箱買いをし、数十本は常に家にストックするようにしていた。

ジャコメッティの複数

Alberto Giacometti, Three Men Walking, 1948-49

 たぶんリートフェルト展以来ということになるのだろう、美術展に足を運ぶことになった次第であるのだが、行ったものと言えばジャコメッティ展で、元より絵画については何も分からない私ではあるのだけれども、かといって彫刻が分かるのかと言われれば、無論分からないわけで、では一体どうしてジャコメッティ展に行ったのか、と言われれば、明大前駅吉祥寺駅であの異様なフォルムをしたジャコメッティの彫刻のポスターを見たからであり、それ以上でも、それ以下でもないと言われればそうではあるのだが、そこに写されていたジャコメッティの彫刻の持つ異様な肉体とでも言おうか、そういう類の求心力が国立新美術館に私の足を運ばせるに至ったのだった。

 まずもって別段美術を見るに際してインパクトを求めているわけではないし、インパクトというより要するに斬新な刺激とでも言うべき、何か既存の枠組みに囚われない、そう言ってよければ新奇さを求めていたというわけではないのだけれども、ジャコメッティの「歩く男」というものは異様な力を持っているようだったが、しかし実際に足を運んで実物を見たところ、思いのほか感心しなかった。

 この関心の少なさというのは、私個人の嗜好に由来するだろうし、はっきり言えばジャコメッティの創作をきちんと理解しているわけではない、実に浅薄な感想に過ぎないわけであるのだが、けれどもこの展覧会の中で二つだけ気に入ったものがある。一つは「女=スプーン」で、これは女性の身体を象徴的に表していて、個人的にはかなり気に入った。あともう一つは「3人の男のグループⅠ(3人の歩く男たちⅠ)」(以下「3人の男」)で、これを見た瞬間、スリリングな思いをしたことを覚えている。

 この「3人の男」はこの展覧会で展示されていた作品の中で、唯一他者との関係性を描いていると言えるものであり、なおかつその三人の男たちが誰とも交わらないという交差をも表している。それ以外のジャコメッティの彫刻は、どれも非常に孤立した肉体を描いているように見えてならず、「ヴェネツィアの女Ⅰ-Ⅸ」にしても、その並べられた彫刻の異様さに一瞬目を奪われることはあったとしてもスリリングな感じまでは受けない。そこには孤立した肉体の姿が表象されているのであって、「3人の男」のような関係性までは示唆しないのである。

 だがこの「3人の男」は、それぞれ道行く男たちの一瞬を切り取りながら、なぜか暴力的な感じがする危険な作品のように感じられた。というのも、作中における二人の男たちはそれぞれ行き交っているのだが、そこに第三者が登場することによって、その彼らが行き交う方向に単純な二分法に依らない(それこそそのままの)第三の選択肢が登場してくるからである。

 さらに彼らは一切触れ合わない。立体的に展開するこの彫刻の中で、彼らの接触可能性はゼロに等しい。彼らはそれぞれ行き交うだけであり、その一瞬の行き交う瞬間の後は、おそらく永久に出会わない運命にある。この「距離」が、三人の男の空間的な処理に加えて、さらにこの彫刻をスリリングにさせているものであろうと推察する。

 雑な言い方をすれば、ここには映画があるのである。

 

【関連記事】

 リートフェルトについての記事。

joek.hateblo.jp